今回の改革では、行政手続きの簡素化によって、税金の支払いを遵守できるよう簡素化し、脱税・詐欺・税の回避の余地をなくすことを目指している。

法人:

実際に受領および支払われた収入および支出の累積額がベースとなる。通常より高い減価償却率を適用できる。

個人事業主:

税制編入制度(RIF)が廃止され、「信用による(簡易)制度」が導入される。

税制編入制度に代わる新たな制度には企業活動と、テクノロジープラットフォームを含むサービスの提供が含まれる予定である。

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.